アップルサポートセンターのお姉さんありがとうの話。

それはいつも突然に起きますね。

月曜夜中に、起動したMacが黒い画面のまま動かなくなってしまい、調べたら出てくる程度のリセットなどを試みたが改善しない。

暗い気持ちになりながらも、Macが動かなくなるなんて一度や二度どころの話じゃないので、こっちも慣れたもんさ!
翌日すぐさまサポートに電話をかけました。みんなもシリアルナンバー、メモっておこうな!

電話口に出てくれたMもとさん。なにやらスペシャルな権限を持つ方らしく、今までやったことないようなことを教えてもらいながら、二人で修復に励みました。朝九時に電話をかけて3時間、ふたりで色々なことを試したがダメだった。
結局修理に出すこととなり電話を切りました。

ぼやいたあと、遅い昼食をとり不貞寝してるとサポセンから電話が…。
何事かと出てみると、先ほどのMもとさんが電話を終えたあとも原因を調べてくれていて、新しい対処法をみつけたので試してみませんか?と言ってくれました。
仕事で使っている旨を伝えていたので、なんとか修理に出さないで済むようにと調べてくれていたそうです!

なんて頼もしいお方なんだ!
気分はもう司令官と現場の兵士。
Mもとさんの指示のもとターミナルを開き、Macに様々な処理を施します。
格闘すること2時間…!

なんとかOSの再インストールを開始することに成功!
ふたりで声を出して喜びました。
洋画だったら抱き合って付き合ってエンディングでしょうよ。

あとはもうOSの再インストールが終わったら、タイムマシーンから復元するだけです。
ありったけの感謝を述べ、電話を切り、ご飯を食べて、お風呂から出たらちょうど復元が完了する時間です。



!!!!?????????????
うおおおお!また画面が暗くなってるぅぅぅぅ!!!!
復元する前はついてたじゃーん!

な゛ん゛て゛た゛よ゛ぉ゛ぉ゛ぉ゛ぉ゛


翌朝、つまり今朝ですが教えていただいていた内線から、Mもとさんに連絡しやはり修理に出して安心しようということとなり、先ほどヤマトの方に引き取られ、修理工場へ旅立って行きました。

現在はサブ機によって、通常業務をこなせる状態に戻っていますが、なにもメリットがないので黙っていようとおもっていましたが、親身になって色々対応してくれたMもとさんに感謝と、素敵な方に出会ったよ。ってことが言いたいために日記を書きました。

思いの外長くなってしまいましたが、ここまで読んでいただきありがとうございます。

コメント
コメントする